ライブ用のノートパソコンサクサクで非常に快適なわけなんですが、今度は作業用のデスクトップパソコンもサクサクにしたくなってくるという。こっちの方はいろいろソフト入れちゃってるからかなりエネルギーないと入れ直しはできないなーという。そんなことを思いながら久々に大阪にて予定を三件はしごして帰って来ました。二年ぶりにあう友達と昼ごはん食べて元気もらいつつ高槻に先輩のビッグバンド的なやつのライブみに行きつつ藤井寺にてスタジオ練習。僕はブルースバンドのギタリストとして活動しているんですよ。2/13ライブなんでよければ遊びに来てね。藤井寺の練習では最近いろんな人が出入りしてるんすけど、またもや楽しい方が遊びにいらっしゃってました。多分どっかのバーのマスター的な人だとは思うんだけど、スタジオ練習にいろんな差し入れがありまして。ビールやら酎ハイやらでした。おにぎりや甘いものもあったかなー。賛否両論あるとは思うんですがバンドのスタジオにアルコールがあるのは結構テンション上がる要素なもんで大歓迎です、ただ車だったんで僕はいただけなかったんですが。そんでそんときは四時間のスタジオ練習だったもんで皆さんいい感じで練習していたんですが、途中からその方がアコースティックギターを持ち出して歌い出したんですね。「素人ですみません、趣味でやってるんですが」とかおっしゃっていたんですがコードの書いた歌詞カードを見せてもらったら歌詞がものすごい凝ってるわけなんですよね。んで聞いてみたら持ち曲50曲くらいあると、すごい。僕も15歳くらいから歌詞書き始めて100〜200曲くらいもってるんですが、歌詞てなかなか浮かばないので歌詞リスト見せてもらいながらテン上げまくりでした。持ち曲の量は音楽に向き合った時間がないと無理なもので誤魔化しのきかないキャリアなんで、ものすごいリスペクトしちゃったというそんなお話でした。あんだけ曲量産しまくってるのに僕みたいな若造に謙虚な感じ、見習うことにしました。素晴らしい